実家の遺品整理はゴミ収集日に合わせて行いなさい

親が亡くなって空き家になった実家
その実家には膨大な荷物が残っているはずです。
おそらくそれは荷物というよりも「ゴミ」と呼んだほうがいいかもしれません。
そんな膨大なゴミをどう処分すればいのでしょうか?

実家の遺品整理を始める前にまず調べておいて欲しいのが実家の地域のゴミ収集日です。

まず実家の不用品を処分するには
①地域の一般ごみの州守備に出す
②自治体に粗大ごみとして引き取ってもらう
③寄付する
④リサイクルショップに買い取ってもらう
5不用品回収業者に引き取ってもらう
という方法があります。

市場にゃすく手軽に始めるのはまず①の地域のゴミ州守備に合わせて出す
ことでしょう。
ゴミ袋代や子袋詰めの手間や労力はかかりますが、まずはここからです。
ゴミ収集で出せるものはとにかく出していきます。
そうすれば、かなりの物がなくなり、整理や分類するスペースが確保できるのです。

次に2の自治体に粗大ごみとして引き取ってもらうものを分けていきましょう。
電気ポット
炊飯器
トースター
ゲーム機
小さな家電なら自治体が引き取手くれる所が多いです。
ただし、処分には費用が数百円~千円ほどかかります。

これ粗のさg腸を行うには自治体の義身収集日や不用品回収日の確認をしておいて、それにあわせて行わなければなりません。
とかく遺品整理では他の兄弟たちとのスケジュール調整も大変なのですが、それを優先してしまうと今度は処分したいゴミや不用品が減らせません。

遺品整理は自治体のゴミ収集日や不用品回収のタイミングに合わせて行うのが鉄則です。

ゴミで出すにしても、袋詰めが必要になります。
不用品回収でも所定の場所(すくなくといも家の外)にまで井戸プイさせなくてはなりません。
これには人手も必要です。

さらに捨てていい物、捨ててはいけない物
その分類は他の兄弟たちにも了承を得てからでないと後でトラブルにもなりがちです。
難しとは思いますがm遺品整理はゴミ収集日や不用品回収の会守備のことも調べてから行ってください。
実家 解体費用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です