お肌の黒ずみやくすみの原因はメラニンとヘモグロビン

肌の色はつまり皮膚に存在する色素と血液にふくまれるヘモグロビンの色からなっています。
皮膚組織の色素とは、主にメラニンやカロチンなどです。
この中でもメラニンとヘモグロビンがお肌のくすみや黒ずみの大きな原因と考えられています。

紫外線や摩擦などで肌に大きな刺激が加わり続けるとメラノサイトがメラニンを過剰に生成します。
これが色素沈着を起こし黒住となります。

また黒ずみではなくお肌のくすみは「ヘモグロビン」の影響も無視できません。
特に顔の皮膚はとても薄く、血管の状態がは寧されやすいのです。
血行が悪い
つまり
酸素をたっぷり含んだ参加ヘモグロビンgが減り、還元ヘモグロビンが増える
となるとい肌全体の赤みが亡くなり
肌の色が黒っぽく目てくるのです。
それがお肌の透明感をなくしています。

これがしいては黒ずみの原因にもなりうります。
それはお肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期にも影響します。
肌の奥深く出制止されたメラニン色素が徐々に表面に移動してきて最終的には垢となって剥がれ落ちていきます。
血行不良でその周期が長くなってしまう恐れがあるからです。
これを角質肥厚と呼ばれ、角質が何層にも重なって脱落しないでいる状態です。
メラニンがどんどん溜まっていって黒ずみになるのです。

さらに過労や睡眠不足やストレスといyった体調も影響します。
体調を崩すと血行不良になりやすくなります。

黒ずみは直接的な原因と間接的な原因があるのです。

ですから黒ずみの改善には直接的な対策と間接的な対策が必要になります。

直接的な対策はメラニンの色素沈着を出来るだけ早く体外へ排出させるターンオーバーを早くするためにビタミンCななど美白効果や保湿効果のあるクリームんだおwくぉぬることでsづ。
間接的には体調を整えストレスを溜めないことでもあります。
この両面から黒ずみは対策が必要になります。
また黒ずみの改善には時間がかかるのはしかたありません。
イビサクリーム 偽物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です