介護施設での生活相談員の役割|管理者にとって力強い味方であれ

生活宗田人お仕事はこんな感じです。
①利用者やその家族との面談
②目標やプランの作成
③観察・記録
④調整
です。
実は生活相談員は管理者との業務で重なる部分が少なくありません。
ですので「管理者」と「生活相談員」は密なコミュニケーションがとれていることが大切です。
生活相談員が
・コミュニケーション能力
・観察能力
が長けていれば介護施設の管理者からすればとても心強い味方になるのです。

忙しい管理者に代わって生活宗田人が対外的な営業や折衝を行う場合もあります。
また管理者に介護の知識や経験がまだ浅い場合は、それを生活相談員が補う場合もあります。

また次の管理者として期待されている人に生活相談員に抜擢することもあります。

デイサービスなどの介護事業所では、生活相談員が必ず1人以上配置されていなければなりません。
ですが緊急な休業や退職に備えて複数の生活相談員を配置している介護事業所もあります。

ただし「生活相談員」はただ相談を受けているだけではありません。
特にスタッフの数が少ない小規模施設ではいくつもの業務を兼任しなければ仕事は回りません。
管理者のサポートをしつつも、雑務や介護業務にも当たらなければなりません。
生活指導員に任命する場合は、そのあたりのことも十分に本人に伝え納得了承してもらわなければなりません。

ただこの「生活相談員」には資格が必要になってきます。
しかし、その資格をなかなか持っている介護職員も現実的にはスクンばい物で鵜s。
そこで「社会福祉主事任用資格」の活用です。
「大学等で厚生労働大臣の指定する社会福祉関する科目を3科目以上修めて卒業した者」です。
該当する方ならば生活宗田人としての有資格者になれます。

管理者や経営者は自らの履修単位を調べ、この資格が取れないか確認しておきましょう。

これ以外にも「同等以上んお能力を有すると認められる者」として具体的な内容も自治体に確認して採用の際には役に立ちます。
例:特別養護老人ホームにおいて施設長経験者
など
介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です