離婚の請求にも時効がある!慰謝料3年・財産分与や年金分割は2年

離婚の話し合いをズルズルと引き延ばされてはいませんか?
さっさとケリをつけないと【時効】に引っかかってしまうかもしれません。

離婚に関すれう請求には消滅時効があります。
この期間を過ぎてしまうと請求する権利自体がなくなってしまいます。

この離婚の請求に関する時効は種類によって異なります。
・財産分与請求は2年で時効になる
・慰謝料請求は3年で時効になる
ということは知っておきましょう。

さらに気を付けないといけないのは旦那の浮気です。
離婚が旦那の浮気の場合、これを不貞行為と呼ばれています。
この不貞行為に基づく慰謝料は、原則として不貞行為を知った時点から3年で時効になりまwす。

「不貞行為を知った時点」とは、言い換えれば「損害及び加害者を知った時点」となります。
つまり旦那の浮気相手を特定できてからです。

また不貞行為は不法法行為のひとつでもあります。
不法行為には除斥期間というものがあります。
これは20年で時効になります。
不貞行為という不法行為の事実を知っているか否かにかかわらず、その行為から20年経過すれば、もはや請求はできなくなります。

ですから19年前の不倫の事実を今まさに知ったのならば、いsが両請求できます。
しかし、これが20年を1日でも過ぎてしまうと請求できなくなるのです。

さらにう財産に関する請求も時効があります。
財産分与や年金分割は2年で請求できる権利は消滅します。

よくあるのが、離婚してしばらく経ってから生活が苦しくなってそれで財産分与や年金分割を請求しようとする妻たちもいます。
しかし、その時にはすでに請求権が時効で消滅していることもあるのです。

離婚のお金の話はさっさとケリをつけることをおすすめします。
時には弁護士を入れてでも、話し合いをまとめあげる必要があります。

別れた元旦那には離婚後はもう顔も見たくない!
そのお気持ちはよくわかるのですが、離婚でお金に絡む問題があるならそれを避けてはいけません。
浮気夫にとって妻とは

犬の多頭飼いは何匹うくらいまで可能か?

犬の多頭飼いを考える間にまず知っておいて星野が
本来犬とは群れで生活をしている動物なのです。
確かに公園などで野良犬が集まっているのもよく見かけますが、あれは誰かが餌を与えているからという理由も多いです。
犬は大人になると自分の縄張りを作り、1匹で生きていく動物です。
しかし、人に飼われて、餌も十分にある
そんな場合は複数の犬が一緒に暮らすこともできます。
それは餌を奪い合う必要もないからです。

複数の犬を飼うのは1匹だけを飼うのとは異なり、違う楽しみがあります。
犬同士の関り方はとてもおもしろく、その関係性がまた違う魅力を引き出してくれます。

ただ、いくら複数の犬を飼うのが楽しいといっても何匹でも飼えるというものではありません。
各家庭の環境によっても換える頭数には限度がありますし、あらかじめ何頭までと決めておいたほうが良いと思います。

金銭的な問題
家の広さの問題
またそれよりも重要なのは
その犬の世話をする人間がなんいにるのか?
という問題です。

毎日の世話のほか、ちょっとした犬の変化にも気づかないと病気に怪我の発見が遅れて、最悪犬が死んでしまうこともあります。
犬同士の関係性や犬の世話をする人間のことも考えれば
やっぱり一人につき2~3匹までが適当だと私は思います。
もちろんずっと毎日家にいて犬の世話だけに集中して暮らせる人なら話は別ですが、そんな方は特別でしょう。
個人個人の飼育毛行けインにもよりますが、仕事をしながら犬を飼うなら1人につき3匹まで
それが基準です。

複数の犬を飼うと決めたのなら
おすすめはちょろちょろと飼う犬の頭数を増やすよりも最初から一気に複数回をする
ことです、
そのほうが犬同士の関係性が鵜m無くいく可能性が高いからです。

多頭飼いをしている犬愛好家で時々起こるのが犬同士の関係性がうまくいかずに犬が大きなストレスを抱えてしまうことです、
最悪、隙を見て脱走したりストレスで食事もしなくなり病気になることもあります。
老犬 ご飯 食べない dearmate